漢方を使った抜け毛対策方法

薄毛に悩んで治療法を探す人が男女ともに多くなっています。

 

なぜ薄毛の症状が現れるかは、個人差があります。

 

2つ、3つの原因が入り交じっていたり、遺伝や年齢など、改善が難しいものもあります。

 

薄毛の治療は皮膚科で行うこともできますが、副作用リスク低下のために、漢方薬を飲んでいる人もいます。

 

広告

 

中国には、漢方を主体とした医術があり、体質を変えることで病気を治癒させるというアプローチで治療をしていきます。

 

漢方の考え方では、髪は「血が余ったもの」という考え方をします。

 

血行不良や、血液の不足が薄毛の原因になると見なされているのです。

 

髪は健康状態を映しだすものと言われ、髪のつやがなくなったり、ぱさついている状態を血虚といいます。

 

もしも血虚と判断されれば、血液を体内に補う漢方薬で、血虚に対する治療をします。

 

漢方の考え方では、薄毛とは、頭皮の血流がよくない状態であり、血行をよくする漢方薬が処方されます。

 

男性の育毛を考える場合、ストレスや、周囲の取り巻く態度などを考えてみる必要があります。

 

自律神経のバランスを整える漢方薬や、神経の昂ぶりを抑える漢方薬が治療に用いられます。

 

漢方で薄毛を治療する場合は、薄毛の原因がどこにあるかから着手するわけです。

 

 

漢方を使った抜け毛対策方法 | AGA(男性型脱毛症)に対する効果を追求する関連ページ

抜け毛と薄毛の原因
抜け毛というのは、夏から秋にかけての時期が多くなると言われていますが、年間を通して抜け毛の予防をする事が大切です。
育毛剤の購入方法
通販の育毛剤の場合、あまり通販やインターネットに慣れていない方の場合、その購入方法に戸惑うかもしれません。
女性の薄毛治療
髪のボリュームを増やすためには、薄毛の原因であるストレスや、不規則な食事を見直すことです。 育毛剤やサプリメントを使ったり、皮膚科での治療を受けることでより効果は高まります。