男性型脱毛症にお悩みの方へ。トラブルになる前に育毛剤の注意点について。

男性型脱毛症はAGAとも呼ばれ、病院で治療できるという宣伝も行われていますから、もしかしたらご覧になった事があるかもしれません。

 

病院に行かなくても薄毛の進行を止めたり、髪を増やす事が出来ない訳ではありません。
しかし、特に男性型脱毛症に対して特に有効な成分であるプロペシアとミノキシジルは、1商品の例外を除くと国内の入手には医師の処方が必要です。

 

 

ただ、このプロペシアとミノキシジルは、個人の海外輸入だと気軽に、国内よりも遥かに安価で購入する事が可能です。

 

しかし、医師の処方を受けずに個人輸入でミノキシジルやプロペシアを入手し、使用する事には危険が伴います。

 

そもそも、日本でこれらを購入するのに処方箋が必要なのは、その成分に副作用の危険性があるからです。

 

医師は様々な副作用のリスクを考えた上で処方をしているのですから、処方された分を用法と用量を守って使用する分には、危険はほとんどありません。

 

これを、薬に対してほとんど知識の無い方が、ご自身の判断で勝手に使用するとなれば、その危険性は非常に高まる事になります。

 

もちろんその使用は自己責任となりますから、副作用などの危険性を考えればあまりお勧めは出来ません。

 

しかし薄毛に悩む人にとっては、そうした危険を承知の上で使用したいという方はたくさんいらっしゃるでしょう。

 

この場合、その危険性を考えれば、注意点として最小単位の量から服用を行う様にして下さい。
量が多ければその効果が高いと考えるかもしれませんが、ある研究結果によれば量を増やす事でそこまで効果が上がる訳では無いという説もあります。

 

効果はほとんど高めないのに危険性だけが非常に高まるのなら、あまり積極的に量を増やす事は意味がありませんよね。

 

プロペシアとミノキシジル以外の育毛剤に関しても、同じ事が言えます。
つい効果を期待して定められている量以上に使用したくなるものですが、メーカーが量を定めているのは、様々な研究結果でそれが望ましいと分かっているからです。

 

しっかりと用量、用法を守って育毛剤は使用して下さいね。

 

育毛剤の注意点 | AGA(男性型脱毛症)に対する効果を追求する関連ページ

AGA治療の病院
AGAの発毛効果を実感できる病院を探している人は多いのですが、中々、的確な病院を探すのは、難しいものです。最近でこそ、AGAという言葉が、少しずつ浸透しつつありますが、それでもまだまだ認知度は低いです。
男性の抜け毛治療とAGA対策
日本の男性のうち30%は、男性型脱毛症と呼ばれる薄毛の症状が出ているとされています。 新しく毛をつくるより、古い毛が抜ける周期が早くなることが男性型脱毛症の症状で、男性ホルモンが関わっています。
女性の抜け毛と育毛対策
女性もまた髪の悩みを抱えている人は少なくありません。女性は冷え性の方が多く、頭皮の血行不良も起こりやすいですから、体をよく温められるよう、運動を取り入れたり、頭皮マッサージも行っていきたいものです。
AGA育毛剤の嬉しい効果
なぜ男性ホルモンへの働きかけが育毛に対して有効かと言うと、男性ホルモンが増えすぎた状態の時に脱毛が起こりやすいという事に関連しています。