AGA効果

AGAの基本治療

AGAの基本的な治療法と言えば、まずプロペシアで薄毛の進行を止め、その後、ミノキシジルで毛母細胞を活性化させるというものです。そして生活習慣へのアドバイスや頭皮ケアをすることで、AGAに対する効果を追求し、発毛する環境を整えていきます。

 

スポンサードリンク

 

プロペシアだけを服用するAGA治療もありますが、他の治療法を併用した方がよりよい効果が得られます。色々な治療法を多用した方が、AGAについては、より高い効果が望めるので、各病院の治療法で発毛を目指している人が多いようです。

 

AGAに効果の高いプロペシアは、5年間の調査では、1日1mg服用した男性の90%に効果が認められていると言います。プロペシアは、頭頂部と生え際どちらにも効果があり、特にAGAに多い頭頂部の薄毛の進行を食い止める効果が高いと言われています。

 

そしてミノキシジルもAGAに効果があり、48週間、5%使用したことで51%に発毛の改善がみられたと言います。

 

AGA治療についての効果は、頭頂部の発毛がほとんどで、生え際にはほぼ効果はありません。そのため、AGA治療を行う場合は、自身の症状や原因をよく見極め、適切な薬を使用するようにしなければなりません。

 

適切な治療を行うことがAGAには重要で、そうしないと、確かな効果が得られなくなります。いくつかAGAの専門的な病院やクリニックがあるので、そうした医療機関で、髪の状態をしっかり判断してもらうことです。専門のAGAの病院であれば、最適な治療法を提示してくれるので、それだけよりよい効果が得られるでしょう。

早めのAGA治療が効果的

最近では10代〜30代あたりから薄毛が気になる人が増えてきたので、効果の高いAGA治療に専心する必要があります。できるだけ、若いうちからAGA治療をスタートさせることが、大きな効果に結び付くことになります。

 

AGAに関しては、最初のうちは、シャンプーやドライヤーの仕方、食生活、睡眠などの生活改善だけで効果があらわれることもあります。それでも進行が早い場合は、病院にいってAGAの原因や治療法を提示してもらうようにすることです。

 

未成年には処方できませんが、20歳以上の人なら、AGA治療で最も効果の高いプロペシアを処方してくれます。

 

遺伝や男性ホルモンの影響がAGAの主な原因と考えられていますが、生活習慣やストレスも関与しています。遺伝がAGAの原因だとハッキリわかっている場合は、プロペシアを処方するのが、一番効果が高いと言われています。原因不明の脱毛や薄毛とは違い、プロペシアはAGA治療薬として開発されたものなので、効果は抜群です。

 

 

更新履歴